baseball-92382_1920
お父さんのための野球教室の桜井です。

バットスイングがなんだかぎこちなく感じたり、投手からのボールが見にくかったりするときは、上半身に力が入っていることがよくあります。

上半身の力が抜けて、投手からのボールが見やすくなる構え方と、スイングをスムーズにするスイングついて解説をしていきます。


ぎこちないスイングの流れ


バッティングの動作は、投手に近いほうの足を動かして(タイミングをとって)から上半身を動かすのが正しい動作の順番です。

しかし、ぎこちなさを感じるスイングはバットを振ってから下半身が動くという順番が逆になた動作になっていることがよくあります。

まずはぎこちないバッティングスイングというものを体感してみましょう。

構えた状態から先にグリップを少し上下させて投手側の足をステップして(踏み出して)スイングをしてみてください。ぎこちない動きですよね。

このように実践では、上半身が先に動いてその後で下半身が動くという動作の逆転が起こっていることがとても多いです。

一度バットのグリップを下げてから、グリップを再び上げてからスイングするヒッチとよばれる打ち方があります。

このヒッチはグリップを先に動かしているように見えますが、グリップをもとの位置に戻した時がスタートポジションです。


下半身から上半身の順番で体を動かす


ぎこちなさを無くして、スムーズに体を動かしてスイングするためのバッティングフォーム作りを行っていきましょう。

まずは基本となる構えを作っていきます。

1.スタートポジション
いつも通りにバットを構えてください

2. 両肩のラインを投手に向ける
グリップの位置を維持して、両肩のラインをバッターボックスのラインと平行にする(背中を投手に見せない意識)

3.背筋を縦に真っすぐに伸ばす
背筋を起こしてお腹まわりの体幹(腹筋と背筋)を少し意識することで、肩の力が入らずに構えることができます。

4. グリップ位置の調整
肩のラインを維持したまま、グリップを投手方向にゆっくりと移動させていき、肩の窮屈さがなくなった場所でグリップの移動をやめます。

この位置にグリップを構えることが今の体の状態で最も力が抜けて楽になる構え方です。

構えたときのグリップ位置を投手方向に少しずらしたことで、肩の周りが楽になって、首の自由度が高くなるので、ボールが見やすくなります。

5.踏み出しは直角三角形を作る

図2


(画像は右打者を一塁方向から見た図です。右側が投手方向です)

頭と軸足と踏み出し足の関係が直角三角形になるイメージ(青の点線)を持ちながら、踏み出す足をすり足で投手側に踏み出します。

6.踏み出し足への体重移動

図4


後ろ側の軸足のひざを投手側の踏み出し足のひざに近づけるイメージ(図の赤円で囲んだ部分)で、後ろ側の軸足の膝を内側に捻って左足に体重を移します。

赤矢印は頭の動きを示していますが、体の捻りと体重移動で自然と動くものなので意識する必要はありません。

7.バットスイング
体重移動によって、下半身から上半身に捻りが伝わってきます。この捻りが腕に伝わってきたときにスイングを開始します(グリップが自然にスイングを始めます)

下半身から順に捻られていくので、バットの振りはじめからバットスイングまでの体の使い方がとてもスムーズになります。

8. バットを振り抜く(フォロースイング)

図3


バットスイングが始まったらボールに向けてバットをいっきに振り抜きます。

振りぬいた後の体の形は、最初の直角三角形の直角の位置が投手側になった形(赤点線)です。

この形になっていれば、フォロースイングも大きくなり打球の飛距離も期待できます。


まとめ


投手からのボールが見やすくなる構え方とスイングをスムーズにするための体重移動について解説をしてきました。

両肩のラインを投手にしっかりと向けて背筋を起こすことで、視野が広がってボールが見やすくなります。

またバットのグリップ位置を投手方向に調整することで肩の力が抜けて、下半身からの捻りの力を利用してスイングすることができるので、体の使い方がスムーズになり、スイングスピードが向上することも期待できます。

両肩のラインを投手方向に向けた状態から肩の力が抜けるグリップの位置への調整は、肩甲骨の可動域も影響するので、肩甲骨の可動域を広げるトレーニングも取り入れていきましょう。

スイングがスムーズになって、力まなくても鋭くスイングができることを感じることができるはずです。

フォームが「ぎこちないな」、「しっくりこない」と感じている方は、現在のバッティングフォームをチェックしてみてください。

投手のため「タメ」はこちらの記事で詳しく説明をしています。