hit-1407826_1920

どんなボールでも腰が引けてしまう選手はいませんか?

インコースならともかく、アウトコースでも腰が引けてしまう選手は少なくありません。


もしかすると手の使い方に問題があるかもしれません。


プロのティーバッティングの練習で、片手で素振りをするのを見かけます。


右打者なら左手、左打者なら右手だけでバットを持ってスイングする練習です。


この練習の目的は一体何なんでしょうか?


引き手を鍛える?


バットコントロール?


でもテニス、卓球、バドミントンなどで考えてみると、基本は利き手を使ってラケットをコントロールし強いボールやシャトルを打ち返します。


テニスがわかりやすいかも知れませんが、速いスピードでボールを打ち返せるのは、ストレート、つまり利き手を押し出す力ではないでしょうか。


もう少し例えるなら、もし私が誰かに「思い切り私の頬(ほほ)をぶって下さい」と言われたら、バックハンド(手の甲)ではなくストレート(手のひら)でぶちます。


おそらく皆さんも手のひら(もしくはこぶし)でストレートにぶつと思うんです。


なのに、野球のスイングでは、利き手ではない手(引き手)の力を使ってスイングするように指導されることが多いので不思議です。


引き手で素振りやティーバッティングは手の使い方を覚えるためという方もいます。


ですが、それならきちんと主旨を伝えないと、「引き手を強くしてバットスイングを速くする」という認識でこどもたちはバットスイングを覚えることになってしまいます。


そしてまじめに取り組むこどもが陥(おちい)るのが、こんな状態です。



引き手を強く鋭くスイングすると強い打球が飛ぶ(と認識する)
(だから)引き手側のわきや腰の開きが早くなる
(だから)インコースを引き付けてさばけない
(だから)アウトコースはバットが届かない
(そして)腰が引けてると言われる



ボールが怖くて逃げてるんじゃないんですよ。


指導者の言う通り一所懸命にスイングしているんですよ。


これってあんまりじゃないですか?



利き手(後ろの手)で強くスイングする


アウトコースでも腰が引けているようにスイングするこどもは、引き手ではなく、利き手(後ろの手)でバットを強くスイングするように改善してみてください。


イメージは「ボールを利き手(後ろの手)で叩く(つかむ)」です。


利き手(後ろの手)でスイングするようにすれば、アウトコースでもインコースでもボールに向かっていく必要があり、腰を引くことなくボールを引き付けることができるんです。


バットスイングの主役が利き手(後ろの手で)になれば、テニスのストレートを打つように、ボールに強い力を与えられるので飛距離が出ます。


元ジャイアンツの松井秀喜選手のスイングを見ていると、しっかりとそれを意識しているんです。


腰が引けている(ように見える)こどもがいれば、「ボールが怖い?」と聞いてあげてください。


「怖くない」と返事が返ってきたら、引き手と利き手(後ろの手)のどちらを意識しているか聞いてみましょう。


もし引き手を意識してスイングしていれば、利き手(後ろの手)を意識したスイングに取り組んでみてはいかがでしょうか。