baseball-1615665_1920


投手の踏み出し足の幅について解説します

踏み出し幅の基本:スパイク6個〜7個分ですが…


fumidashihaba



投手の踏み出す大きさは、基本的にはスパイクの6個分〜7個分の幅が最適と言われています。実際に私自身もスパイク6.5個分が最も踏み出しやすいです。



ただしこれは傾斜のあるマウンドで踏み出した場合です。平地で投げる場合の踏み出しはこれよりも小さくなります



個人差がありますが、まずはこの幅を目安にして、今の自分の踏み出しの大きさを見てみましょう。



踏み出し幅が短すぎると上体が突っ張ってしまい、長すぎるとジャンプするように投げなければいけないので、上体がつっこんでしまいますね。



自分にあった踏み出し幅を見つける方法しては、まずは踏み出し幅を気にせず投げてみます。そして調子が良かった日、良くなかった日の踏み出し幅を確認してみましょう。



そして調子の良かった踏み出しの幅を基本にして、調子が悪わるければ踏み出し幅をチェックして、調子の良い日の踏み出し幅に修正していきましょう。



そうすることで調子の波を小さく安定するようになってきます。