baseball-1613129_1920


フィールディングもピッチングのひとつです。
本日は「中学生監督さん」からのご質問。ご質問内容は投手の上手なグラブトス方法です。

グラブトスの重要性


投手のグラブトスの見せ場は何と言ってもスクイズの場面です。ほかには一塁側へ強めの
バントで一塁への転送と言った打球の処理に使います。


投手の練習は主にピッチングに時間が割かれることが多いですが、得点を防ぐためにフィールディング練習は重要な練習です。


今思えば、私の学生時代はフィールディング練習にほとんど時間を使いませんでした。試合では何とかなるという考えでしたから。


大学野球はリーグ戦なので、試合を重ねるごとに相手チームは対戦投手を研究します。


フィールディングが得意ではなかった私が登板すると、送りバンド、セーフティバント、スクイズがとても多いんです。


バント処理をミスしてピッチングを崩すという場面が何度もありました。


社会人に入ってからは周りとのフィールディング技術のレベルの違いに唖然としました。


フィールディングが出来ない投手は試合で使われないのは当たり前で、私は練習の大半をピッチングよりもフィールディング練習に割くことになります。


練習を繰り返して試合で使ってもらうことができましたが、フィールディング練習に相当な時間を費やしています。



でもバントの打球を確実に処理できると、確実にアウトを取れて、得点される確率もぐっと低くなります。


また精神的にも安心してピッチングに集中しやすくなります。


すごく遅いのですが、社会人野球で初めてフィールディングのレベルアップはバント処理そのものだけでなく、ピッチングの質を上げることが出来るんだと身を持って知ることができました。


ピッチングとフィールディングは切り離して考えるのではなく、ピッチングの一部と考えてみてください。


次回、グラブトス実技編を紹介します。