baseball-1518249_1920


失敗しないグラブトスの方法。実戦編です。
■失敗するグラブトス

tossng1

これは地面とグラブの角度の悪い例です。地面に対してグラブが平行になると、ボールがグラブの奥のまで入り込んでしまいます。

これでは次にボールをスムーズに出すことができなくなってしまいます。

tossng2

グラブトスの悪い例です。手首を矢印のように返すとトスしたボールは浮いてしまいます。またボールが受け手に届くまでに時間がかかってしまいます。

その後タッチプレーが必要な場面では、このふわりと浮いたボールは受ける側にとってとても捕りにくいボールになります。

トスしてから受け手にボールが到達するまでの時間がかかり、さらに捕りにくいボールはアウトにする確率が低くなることは言うまでもありませんね。


■成功するグラブトス

グラブトスをするとき、打球のコースとスピードをみきわめて、体が受け手に対し正面を向く体制で打球にはいります。

goodtossyoko

手首を曲げずに腕とグラブが一直線になる位置でボールを捕ります。

ボールがグラブに入ったとき、グラブの手のひらを壁にして転がってくるボールを当てるイメージでボールを押しかえしてみましょう。

またそのとき矢印よりも低い方向へボールを押しかえすように意識しましょう。ゴロを転がす感じでトスすると良いです。

自分がボールに向かっていくスピードがあるので手首を返さなくても、低く強いボールをトスすることができます。

■ボールをはじき返すための“壁”の位置

goodtossshomen

グラブ中央の丸で囲んだ位置にボールを当て受け手に向かってボールを運んでいきます。グラブを強く閉じないことがうまくトスするコツです。

最初は強くグラブを閉じたくなるかもしれません。ただグラブの壁でボールを当て返すイメージでやってみるとボールが安定して低く強いボールトスができます。

■ボールを捕るグラブの位置と体の向き

toss0

右投手の場合は右足が前・左足が後ろにある形で右足の左側でボールとグラブが出会うようにしましょう。するとそのあとスムーズにボールのトスができます。

体の向きですが、いつもボールが正面に転がって来るとは限りませんよね。両サイドに転がったときも体の正面が捕手に向いたかたちになるよう小さなふくらみをいれて打球にはいるように心がけてみてください。

フィールディングについてはこちらでも詳しく解説しています