baseball-680079_1920


「球速アップシリーズ」についてご指摘頂きました。私の思いを書こうと思います。
先日の球速アップをさせるシリーズを書く前にあれこれと迷った部分がありました。それは個人的に差がありそれぞれに合った練習方法があると考えるからです。


ですが、個人的に頂くメールでのご質問で投球、球速をアップさせたいという内容のものを多く頂いた事から、私が行った練習と言う事で、お断りをさせて頂き書かせて頂きました。


こういう考え方、取り組み方もあると言う事を参考にして頂いて皆様に合った練習方法を見つけて欲しいと言うのが私の思いであります。


また私の経験から、努力と努力の方法で140km/h台は出すことが出来ると書きました。私は才能と割り切って努力をしない事が一番後悔することを知っています。


努力を怠ったことにより社会人野球を早くに退部となった経緯があるからです。


また、140km/hを目標としていて、140km/hが出ないならば野球を続けている限りは140km/hを目指すべきです。筋力トレーニング、投球フォームをとことんまで追求し努力を続けていくべきだと思うからです。


140km/hが出ない事を否定するものではありません。球速だけが投球では無いことも充分に理解しています。


こういう方法もあるんだ、という一つの切り口にして頂ければと思うのです。生まれながらの才能は個人的に差や特徴があります。


ですがそれを、努力と方法で補えるのが人の力だと思うんです。そして努力をしようとする人、続けて行こうと思う人に対し少しでも私の経験が役立てればという思いを込めて球速アップシリーズを書かせて頂きました。


今後も皆様にとって少しでも有益になる情報を提供していければ良いなあと言う思いでいます。そして努力と努力の方法で必ず才能は補えるというスタンスは変えずに行こうと思います。