baseball-1513705_1920


投球時の上半身の力みについてのお悩みが非常に多いです。
キャッチボールやシャドーピッチングでは力が抜けて気持ち良く腕が振れるのに、いざマウンドに上がると力が入ってしまう。



「力を抜いて投げろ」と周りから言われても、そんなことはとっくに自分でわかっている。でもなぜか力が入ってしまって腕がスムーズに振れない。



こういうお悩みのメールをたくさんいただきます。



私もすぐに力んで投げる投手でした。特に高校の時はその傾向が非常に強かった記憶があります。



力んで投げてしまう原因はいくつかありますが、「〜してはいけない」という禁止や「〜しなければいけない」という強制を自分に課してしまっている場合に力みが出てしまうことが殆どです。



例えば「打たれてはいけない」だとか「フォアボールを出してはいけない」という打者に対しての意識や「体を開いてはいけない」とか「腕を振らなければいけない」といった自分に対しての意識が代表的なものだといえます。



投手は常にこういう意識との戦いがあります。



これを乗り切っていくために私がとった方法を書かせていただきます。



■自分でコントロールできるものは何か



対打者に対しての力みは、このブログの中でも紹介させていただいている「大リーグのメンタルトレーニング」を大学時代に読み、以後続けている意識の持ち方です。



内容を私の言葉で書かせていただきますと、自分の投げるボール以外は自分の力じゃどうにも出来ないことだという考え方です。



どこにどういうボールを投げるかということは自分の技術を高めていくことで実現することは可能です。



ですが、バッターがバットを振る、振らないということは自分にはどうすることもできません。



ですから、自分はキャッチャーミットをしっかりと見て、そこへボール投げことだけが仕事だと考えます。



そういう考え方を知ってから、打たれてはいけないという意識は格段に少なくなりました。



自分に対しての意識については、こちらは私自身の考え方ですが、禁止や強制の意識ではなく、「〜する」という実行の意識を持つようにしました。



例えば、体が開くのであれば「開いてはいけない」と考えるのではなく、開かない投げ方、つまり(右投手の場合)踏み出した足とキャッチャーミットを結ぶ直線上でホーム方向へ左肩をスライドさせるといった具合です。



こういうように少しの発想や考え方の転換で力みを抑制することは可能です。


とは言っても、そして永遠に克服したかというとそうではありません。様々な状況がそれを忘れさせてしまうからです。



この力みの意識に常に勝っていくのは非常に難しいことではありますが、もし力みが出てしまった時この対処方法を思い出して下さい。



思いだすだけでも少し冷静に自分を取り戻せるはずです。



少し予断になりますが、もう一つ力みをとる方法として投げる前に思い切り腹筋と背筋に力を入れておならを出そうとします。



出たらもちろんですが、出なくても力がすぅっと力が抜けていきます。



思い切り出てしまったら野手の力みもなくなるかもしれません。