baseball-2409961_1920


スピードはピッチャーをするものの多くにとって憧れであり、こだわるものです。
人によってはスピードとコントロールを反比例するもののように言われる方もおられますが、私自身は互いに相乗させるものであると考えています。



【ご質問メール】


いつもメルマガ楽しみに拝見しています。


北海道在住、来春中一になる息子を持つ父親です。息子は、小学生の時には投手と内野手をしていました。


中学生になっても一応投手を希望していきたく、日夜、シャドウで投球フォーム作りをしている毎日です。


さて、体重移動等におかれましては、桜井さんの理論を参考に、一定の成果が出たものと思っておりますが、常日頃、気になっていることがあります。


下半身主導の投球フォーム作りは、自分なりではありますが、ポイントを整理できているかな?って思っているのですが、上半身、特に背中のライン(頭・胸・尻)で今一つ整理出来ておりません。


ダルビッシュ投手・岩隈投手・斎藤和巳投手は、投げる寸前は捕手方向に、頭・胸・尻の順に前傾しているように思われます。


テイクバックの時も、両肩がレベルに近い感じがします。


しかし、他の速球派投手や、特に松坂投手(西武時代)は、尻より頭が二塁方向にあり、前傾というより反って投球しているように思われます。


テイクバック時は、利き肩がかなり下がっているように思われます。


これは、やはり球威で押す力の投球と、コントロールも重視する技巧派の考え方の違いなのでしょうか?


やはり、子供には様々な可能性を信じ、コントロールと同じくらいに、球速には拘って欲しいと思います。


これから中学生になる子供には、どちらの投げ方が良いのでしょうか?



【桜井回答メール】


メールありがとうございます。


「お父さんのための野球教室」の桜井です。


投手にとってスピードボールを投げることは憧れのひとつですよね。


私自身もスピードボールにこだわった取り組みに時間を費やし、その中でいくつもの成功や失敗を繰り返してきました。


まずスピードを身につけるために取り組んだのは、お尻から先に投球フォーム方向へ体を移動させていく投球フォームでした。


この投球フォームのメリットはお尻を先に投球フォーム方向へ進めることで、それに引っ張られるように体全体がと投球フォーム方向へ進みます。


この投球フォーム方向への推進力が、よりボールに力(スピード)を与えます。


ただしデメリットとしては、リリースが安定しにくいという点です。


お尻を前に出すと、体はバランスをとろうとするため、上半身は傾きます。右投手なら右肩が下がり、左投手なら左肩が下がります。


そうすると、そこからリリースするためには上半身を大きく起こしてこなければなりません。


この上半身を起こすには力が必要です。そして起き上がるまでに時間がかかります。


そのためにリリースするタイミングまでに上半身を起こし切れずリリースをしなければいけないという状態の投手が多くいます。


その結果、ボールが高めに浮いたり、それを修正しようとさらに上半身に力をいれて無理やりに上半身を起こすことによって、ボールがワンバウンドまたは左右にバラついたりします。


周りからみて腕が上がっていないと感じる投手はこのケースが多いです。


また非常に上半身を起こす力が必要なので、ゲームの後半になると体を起こしきれず、先ほどの状態になる投手も多くいます。


実際にやっていただくと分かりやすいのですが、お尻を投球フォーム方向へ突き出して、踏み出した状態から上半身を起こそうとすると、上半身に力を入れて起こしてこなければいけません。


下半身はそれを支えるだけで、あまり力を使わず、上半身に力がいることと、腕が上げにくいことがわかると思います。


少し予断になりますが、この上半身を起こしてリリースした時の足の位置を確認してみて下さい。


松阪大輔投手の高校時代によく見られたように、軸足が残ったような形になりますよね。


こういったデメリットがあったことから、私は両肩をレベルに保つ投球フォームをまずは習得して頂きたいと考えています。


両肩をレベルに保ち、踏み出した後に軸足から踏み出し足に体重移動をしていくことにより、腕が上がってくる時間が作れます。


さらに下半身から上半身へと体全体でボールへ力を供給することによって安定したリリースを可能にさせる投球フォームだと考えています。


また、コントロールが安定してくると、自信をもって腕を振ることが出来るようになりスピードやキレというのも出てきます。


こういうプラスのスパイラルという観点から現在私は「体重移動による投球」をすすめています。


しかし、これは決してお尻から先に出す投球フォームを否定するものではありません。


まず“投げる”とはどういうことか、ということを覚えその中で、スピード、コントロール、変化球、かけひきなどの中から、自分の得意なことを伸ばしていってください。


それが個性として花開きます。