smoking-1553375_1920


真っ直ぐを投げるとカーブ回転する原因及びに修正ポイントについてです。
【質問内容】

高校生の投手を教えていますが、最近真っ直ぐのボールがカーブ回転します。


特にアウトコースを狙った時にその傾向があります。


腰の横回転や手首の角度等気を付けていますが、なかなかなおりません。


原因及びに修正ポイントはありますでしょうか?



【提案】

軸足の位置をアウトコース側の最端に置いて投げる


【目的】

(体の開きを抑えて体重移動を直線にし)指先からアウトコースの直線上でボールに力与えることでストレート回転にする



【理由】

アウトコースのボールがカーブ回転してしまう理由の多くは腕でボールをコントロールする意識が強いことにあります。


なぜ腕でコントロールするとカーブ回転してしまうのか。


それは実際にやっていただくとわかりやすいと思いますが、腕をアウトコース側に振ってみるグラブを持つ側の肩が自然に開いてしまいます。


これが体の開きや横回転の原因です。


横回転になると、極端にいえばボールの横側に力を与えることになり、結果カーブ回転してしまいます。


上半身を開いて横回転させているように見えても、じつは上半身は腕の使い方の被害者。


横回転させているのではなく、腕の使い方によって横回転にさせられています。


また先ほども記したとおり、窮屈さから逃れるため無意識に体は開かされるので、「体を縦に使いなさい(捻りなさい)、体を開かないように我慢しなさい」と言っても修正するのは難しいです。


ですから修正のポイントは「腕を真っすぐに振る」ことです。


腕を真っすぐに振れば、窮屈にならないため体を開く必要はありません。


そこで最も効果的なのが、プレート上最もアウトコースに近い位置から投げることです。


そうすると腕をアウトコースの方向へ振る必要はなく、真っすぐに腕を振ることができます。


まずはピッチング練習のなかで、何球かに1球の頻度で実行してみてください。


またプレートのアウトコース側の位置からインコースへ投げる練習も行ってください。


アウトからアウトは腕の振りの修正、アウトからインは軸足から踏み出した足への体重移動の感覚をつかむ練習になります。


試合の中でも同じです。


アウトコースでカーブ回転やボールが落ちてしまうときにプレートの位置をアウトコース側へ変えて投げてください。


打者にプレートの位置でコースを察知されないように、


アウトからアウト、アウトからインを混ぜながら投球をする工夫も必要です。


プレートの位置を変えて投げるだけで、窮屈さが消え気持ちよく投げることができるはずです。


その中で腕の振り方とコントロールは体重移動によって行うことを覚えさせてあげてください。



【注意点/その他気付き】

プレートのアウトの位置からインコースへ投げる場合、真ん中にボールが集まってしまうリスクもあります。


いつもより打者に近いインコースをターゲットにして投げるようにしてください。