baseball-1613439_1920


こんな症状が出たときに見直すべきポイントは・・・
・コントロールが不安定になってきた

・ボールにキレがなくなってきた

・投球フォームのバランスが悪くなってきた



まず見直すべきところは“姿勢”です。特に足を上げてから、リリースするまでの姿勢が投球に大きく影響をおよぼします。


原因は疲労であったり、日常の生活習慣によるものであったりと様々ですが、根本的な解決は体幹の強化であると私は考えています。


強い体幹を身につけることは、疲労の影響を最小限にし、日常でも姿勢の正しい姿勢を保つことができます。


正しく美しい姿勢を維持するために、体幹の強化は欠かすことはできないトレーニングの一つです。


しかし、やみくもに腹筋をすれば良いというものではありません


サッカー日本代表で活躍している長友選手が体幹を鍛えている映像をよくテレビで見ます。ものすごく引き締まった体幹ですが、彼の動きは柔らかくしなやかです。


90分間走り続けても、素早く前後左右に体を切り返し、体の大きな選手を相手にしても当たり負けしないのは体幹が強いだけでなく、しなやかで柔軟だからです。


体は全てつながっています。体幹が硬いと次のひねる動作が充分に行うことができないばかりか、負荷がかかり、ケガの原因にもなりかねません。


アスリートにとって必要なのは、強い体幹だけではなく長友選手のように強くしなやかな体幹なんですね。


体幹強化のおすすめの教科書は、長友選手をはじめ多くのスポーツ選手のトレーナーとして活躍している木場克己さんの「体幹バランスメソッド」です。




この著書の特徴は、ストレッチを入れて体幹の強化だけでなく柔軟性も持たせていくという点です。また、トレーニングの解説だけでなく、目的別のメニューも組まれています。


アスリート向けメニューや姿勢改善メニューだけでなく、シェイプアップやダイエットメニューも男女別に組まれていて、家族みんなで取り組んでも楽しいです。


解説DVDが付属されていて、正しい姿勢など細かな部分をチェックできます。


私も今姿勢改善メニューに取り組んでいるところです。