baseball-1787759_1280 (1)

投球フォームがぎこちなさを感じたときの改善方法を解説します

Q:投球フォームがギクシャクします


桜井さん、はじめまして。私、息子(4年生)の少年野球チームのお手伝いお父さんをしています。



息子が控え投手をしていますが、投げ方を指摘されています。コーチの方からは、左足を着く前(ほぼ同時)にボールをリリースしている、も言われました。



確かに、コントロールが悪く、抜け球が多いです。本人は、着地と同時に体を回転させることを意識しているようです。



指摘された点を伝えたところ、ギクシャクした不自然な動きになってしまします。



上手く伝える教え方や、練習方法があれば教えてください。なお、息子は右投げで、定位置は外野です。



よろしくお願いします。




A:地面におろす踏み出し足のスピードが遅い


地面に足を着地するのを意識して、ぎこちなく(ギクシャク)なってしまう理由は、足を地面におろすスピードを遅くしてしまっているからです。



“着地してから投げる”という意識をすると、着地のタイミングを見極めたくなります。タイミングを見極めるために、足をおろすスピードを遅くしているんです。



足をおろすスピードを遅くすると、上半身は着地を待ち切れずに、前に出ていったり、開いたりしてしまうこともあります。



その結果、着地してから腕を振ることを意識しているのに、足が着地する前に腕を振らないといけない状態になったり、



足が着地するのと同時に腕を振らなければならなかったり、足の着地を待つために、腕の振りを遅らせることで腕が強く振れなかったりします。



着地してから腕を振るためのポイントは、着地のタイミングではなく、足の着地の感覚を覚えるということです。



練習方法は、投球を一度2段階に分けてみると良いです。



まず、足の着地したところで一度動作をとめてみてください。そこで足が地面に着地する感覚はどういうものかを覚えて下さい。



次に、とめた所から投げて下さい。このときに意識していただきたいことは、とめた所から投げると、自然に踏み出した足に体重を乗せていることです。



この体重を踏み出した足に乗せる動作、乗せる感覚を覚えてください。



これが“体重移動”の基本となります。



この2段階の動作を何度か行って、通常の投球を行う。



これを繰り返し行っていくことが、ぎこちなさを解消し、さらにボールにスピードとコントロール、そしてキレを出していく練習となります。



少し時間はかかるかもしれませんが、逆上がりと同じく、一度できれば後は目をつぶっていてもできてしまいますので、根気よく続けてください。