リリースライン
お父さんのための野球教室の桜井です。

先日こんなご質問をいただきました。

Q:リリースポイントを安定させる練習方法は?


DVDを購入後、小3の息子と日々練習しています。

以前に質問させていただいた際、動画や画像を添付させていただいても構わないとのことでしたので、添付させていただきました。

練習の甲斐あってかチームの中でも球の速さは1、2を争うまでになりましたが、球が速くなるにつれ、高めにいくことが多くなり、フォアボールに悩んでいます。

以前はスリークォーター気味だったのが今はかなり上から投げるフォームになりましたが、左肩が以前に比べかなり下がっています。

左肩が下がるから上から投げることができているようにも思います。これは良いのでしょうか?

また、以前よりもリリースが早くなっており、本人もわかっているのですが、どうしても早くリリースしてしまうと言っています。

リリースを遅く(もっと前と言った方が良いのでしょうか?)する改善方法があるのでしょうか?

また、リリースポイントの安定に関してもご指導お願いいたします。


A:リリースラインに向けて投げるとリリースポイントが安定します


腕の振りはとても速いですよね。

速く腕を振りながら、ボールをあるポイント(点)で放すのはとてもむずかしいんです。

それに、ピッチャーは毎回同じコースに投げるわけではありません。アウトコースもあればインコースもあり、高めもあれば、低めもあります。

だから、リリースするポイント(点)は違って良いんです。

また、リリースポイント(点)で投げようとすると、ボールに対して力の掛かり具合が変わってしまいやすいので、ボールの行き先も変わってしまいます。

例えば、リリースポイントは同じでも、ボールの右側から指の力が掛かれば、ボールは左側へ逸れていきます。

ボールの上側から力が加われば、ボールは低めに向かっていきます。

このように、力の向きや強さに少しでも狂いが生じると、ボールを狙ったところにコントロールできなくなるんです。。

なので、ボールを狙ったところに投げるためには、狙ったところに向けてボールに力を加えてあげる必要があるのです。


リリースラインに向かってボールを投げる


リリースライン


では、まず何を意識すれば良いか。

それは、指先からターゲットとなるキャッチャーミットまでのライン(軌道)です。

私はこれをリリースラインと呼んでいます。

上の図を見てください。投げる前と腕を振るときに、指先からミットをつないだラインを頭の中でイメージして、そのリリースラインに向けてボールに力を与えます。

リリースラインが伸びていく方向へ指先からボールに力を加えていけば、リリースポイントを意識しなくても自然にボールは手から離れていきます。

その指先からボールが離れたポイントがリリースポイントですが、リリースポイントは狙ってリリースできるポイントではなく、リリースライン(軌道に向かって投げた結果です。

腕のスイング速度を遅くしてまでリリースポイントで投げようとする投手がいますが、これではコントロールも球速も落ちてしまいます。

指先から投げたいコースまでの一本のラインをイメージし、そのライン(軌道)にボールを“乗せる“イメージを強くもって投げることに重点をおいて投げてみましょう。

また、リリースラインに向かってボールに力を加えていくことで球持ちが長くなります。球持ちが長くなると球速にも良い影響を与えます。


まとめ


リリースポイントが見つからないという方、リリースポイントを意識し過ぎて腕が振りにくくなっている方はリリースポイントを探すことを一度忘れてください。

リリースポイントを探す代わりに、指先から捕手のミットを結ぶリリースライン(軌道)に向けて腕を振るようにしてみてください。