baseball-97898_1920


スローボールを投げる時、フォームが変わってしまいます…
注意点はないでしょうか?



最後に、平地で投げた時の方がマウンドで投げるより早いボールが投げられます。



これも何か原因があるのでしょうか?



【桜井の回答】


スローボールをうまく投げるためのコツは3つ。


1 通常の腕の振りからスローボールを投げる


ストレートを投げるイメージとしてDVD の中でもご説明しましたが、ボールを上から叩くイメージで通常のストレートは投げます。



これをスローボールの場合、ボールの手前の部分を2 本の指で撫でる様にして投げます。



壁を撫でるようなイメージです。



回転は与えないようにするのではなく、その場で回転を与える駒まわしのイメージが最も近いイメージです。



2 フォームのスピードを一定にしない


「木の葉を隠すなら森に隠せ」という言葉がありますが、



ストレートのフォームでスローボールを投げるということがむずかしい場合、



スローなフォームでスローボールを投げることができるように種をまいておくことも重要なんです。



通常フォームで速球を投げる

スローフォームで速球を投げる

通常フォームでスローボールを投げる

スローフォームでスローボールを投げる



フォームのスピードとボールのスピードの組み合わせを練習しておくと、バッターも何を投げてくるか判断しにくくなります。



3 投球間隔を一定にしない


投球の間隔を短くする。逆にボールを長く持って投球の間隔を長くする。


サインに首を何回も振るなど、打者を慌てさせたり焦らしたりさせてみてください。一定のリズムでバッターボックスに立たせない状況をつくります。



そうした投球の間隔を一定にしない技術もスローボールの効果をあげてくれます。