少年野球で子どもをグングン伸ばす47の教え2


桜井の書籍が出版されました
お父さんのための野球教室の桜井です。

「少年野球で子どもをグングン伸ばす47の教え」というタイトルでお父さんのための野球教室からは2冊目の書籍が出版されることになりました。

私が野球に携わって30年近くがたちます。その間に技術やトレーニング、コンディショニングは研究がすすみ、それらの質は格段に向上しました。

ですが、個別に子どもたちや指導者、保護者に目を向けると30年前と変わらず、同じことに悩み、失敗されている方がたくさんいます。

野球に携わる全ての人をひとりの人(野球人)と考えたとき、30年前、いや、それよりも前からずっと同じ失敗や悩みを繰り返しているんです。

「人間は失敗する権利をもっている。しかし失敗には反省という義務がついてくる」


本田宗一郎さんの言葉ですが、野球の先人は自らの反省を後の野球人に伝えることも責任だと思っています。

「子どもたちの役に立つなら、思い出したくない悩みや失敗も全部さらけ出してみよう」

そんな思いで始めた「お父さんのための野球教室」の中から、たくさんの方が共通して悩まれていることや、皆さんといっしょに考えておかなければならないことを凝縮したのが、今回出版された「少年野球で子どもをグングン伸ばす47の教え」です。

「少年野球で子どもをグングン伸ばす47の教え」は一問一答の形になっていて、とても読みやすく編集していただいています。

次の子どもたちは、既に先の野球人が経験済みの悩みや失敗を繰り返すのではなく、今までにない新しい問題にチャレンジし、乗り越えていって欲しい。それが私たち制作スタッフの思いです。

本書がその一助になれば嬉しいです。


最後に、本書の制作にあたり、読んだいただく方のことを真っ先に考え企画・構成をしていただいた島沢優子さん(スポーツの指導現場を変えたいという強い思いに感動しました)。

編集、発行にご尽力いただいたレッカ社の滝川昴さん(撮影日は大雨。でも撮影時間は晴れ。「持っているな」と思いました)。

発行に関わっていただいたカンゼンのスタッフの皆様。そして、お父さんのための野球教室に野球人としてメールをお寄せいただいた皆様へ。

ありがとうございました。

9月12日23時59分まで出版を記念してキャンペーン中です

(追記)
9月12日19時時点、アマゾンの在庫が無くなってしまい、キャンペーンを一時中断しています。アマゾンで購入できる体勢が整いましたら改めてキャンペーンを2日間延長いたします。






お父さんのための野球教室では書籍「おやこでキャッチボール」も監修しています。

おやこでキャッチボール
株式会社キッズレーベル
自由国民社
2010-02-26