baseball-197113_1920
お父さんのための野球教室の桜井です。

これだけパワハラやモラハラなどが声高に叫ばれる世の中になっても、少年野球の現場では子ども達に罵声を浴びせたり、怒鳴り散らす行為は依然として存在します。

野球をやる子どもが減ってきているのは少子化や他の競技の人気が高まっていることだけが原因ではありません。

先日このようなご質問をいただきました。


Q:怒られてばかりのチームで何とかしてあげたい


少年野球の母からです。教員をしています。子どもたちが 監督のサイン通りに野球をするのが少年野球なのでしょうか

自分で考えさせる野球は小学生にはできないのでしょうか。勝つために、大人の指示通りに子どもを動かしているように見えます。

思うように動かない子どもは怒られ、使ってもらえない。こどもが失敗から学ぶことは大きいです。

けれど、失敗すると怒られてしまい、のびのびとしたプレーは見られません。ノーサインのチームは、ありえないのでしょうか。

子ども同士 横のつながりが育っていない ように見えます。大きな声で仲間を励ます姿も見られません。

勝てないので怒られてばかり のチームで、何とかしてあげたいと思います。

怒られることで、こどもは成長すると多くのコーチや保護者が考えているようで、心が痛みます。母は笑顔で応援することしかできません。


A:一つずつ整理してお答えしますね


メールありがとうございます。毎日のお仕事と息子さんの少年野球の活動をサポートされているということで、本当にお疲れ様です。いただいた内容を整理しながら私の意見をお伝えしますね。


野球の試合では2つの役割があります


まず 「監督のサイン通りに野球をするのが少年野球なのでしょうか?」 というご質問についてお答えすると、その通りです。

試合をする以上は勝ち負けを決めるということで、野球の試合で勝つために、 作戦の指揮と実行 の2つの役割が必要です。

作戦を指揮する人は、状況(例:相手チーム・得点差・走者がいる塁など)から判断した作戦を味方選手に指示するのが仕事です。選手交代も作戦のうちのひとつですね。

なぜ指揮をする人が必要かと言うと、例えば走者が三塁にいるとします。

走者 はスクイズ(走者が本塁へ走って打者はどんな球でもバントをして得点を狙う作戦)をしたほうが確実に得点を取れると 主張 します。

一方で 打者 はスクイズではなくてヒットを狙うほうが得点を取れて、さらに得点を取れるチャンスが広がると 主張 しています。

どちらの考えも間違ってはいませんが、走者と打者が違うことをすればどちらの答えも間違いになってしまいます。

もちろん考えることは大切ですが、それぞれが自分の主張でプレーをすればチームがまとまらずに、かえって伸び伸びとプレーできなくなります

野球では1球ごとに状況は変わるので、その度に試合を中断して話し合いをするわけにはいきません。

そこで指揮をする人が 代表してサインを出す わけです。

正しい判断で指揮をする人がいれば、選手が同じ判断でプレーできるので試合に勝つ確率も高くなります。

指揮をする人が選手を思い通りに動かすという見方ではなくて、試合に勝つために代表して作戦を指示して チームを束ねている と考えてみてください。


仲間とのつながりが希薄なのは監督に意識が向いているから


チームの中で子ども達がお互いに思いやって気遣うことができないのは指導者の態度や言動の影響がとても大きいです。

その理由は、子ども達の意識が指導者と自身にしか向かないからです。怒鳴られないために自分はどのようにしたら良いかということばかり考えてしまうので、周りの仲間に気を配る余裕がなくなります。

大きな声を出すと目立ってしまうので、怒鳴られないように声を出さなくなります。声を出していないので監督は「声を出せ」と怒鳴ることになって悪循環になります。

声を出す本来の目的は仲間を応援することなのに、怒鳴られて声を出すことが習慣になると声を出すことが目的になってしまいます。

そんな悪循環に陥ってしまうと心から仲間を応援できないので、気の利いた言葉を仲間に掛けることはできないので、子ども達のパフォーマンスも上がりません。

指導者は子ども達のお手本です。

怒鳴ってばかりいるのではなくて、どんな言葉を掛ければ良いプレーができるのか、どんなことを観察すれば気の利いた声を出せるのかを子ども達に示してあげなくてはいけませんね。

また私たち保護者も家庭での言動に注意が必要ですね。

他の子どもを非難する言動は子どもの気持ちにも影響します。失敗をした選手を責めるような大人に育つのか、仲間を思いやれる大人に育つのかは、私たち保護者の影響はとても大きいと思っています。


保護者がコーチの役割を担うことも必要


本来はコーチが監督と選手の間に入って、監督の気持ちを落ち着かせて、子どもにはモチベーションを落さないよう働きかけが必要です。

例えばこんな感じです。

監督に「ここを改善したら良いってことですよね?」と確認して、子どもには「ここを改善したほうが君のためになると監督は考えてるよ」

このようにコーチが監督と選手との橋渡しをして、チーム内の円滑なコミュニケーションを図ります。

ですがコーチの役割が機能していない場合は保護者がコーチの役割を担って、監督と子どもの間に立ってコミュニケーションを円滑にすることも必要です。


お子さんの気持ちを尊重して今後の方針を検討する


保護者会を通じて話し合う機会を持てれば良いですが、「怒られることで、こどもは成長する」と書かれていることから期待はできないのだと思います。

話し合いの場を持ったとしてもパーソナリティ(人間性)は長い時間をかけて積み重ねているので劇的に変わることは期待できません。

監督の様子は拝見していないので、行動や言動がどの程度なのかは私にはわかりませんが、実際に当事者である息子さんはどのように思っているのでしょうか?


選択肢を広げてみる


もし息子さんがもう耐えられないなら、他のチームへの移籍やリトルリーグやボーイズリーグなどの選択肢もあります。

また野球のクラブには属さずに、別のスポーツで基礎体力を養っておいて、中学生になったときに野球をする方法もあります。

20年から30年前は、小学校で野球をしていない子どもが中学生で野球をするのは珍しかったですが、今はそんな時代ではありません。

サッカーをやっていた子どもが甲子園のマウンドに上がっているということもあります。また小学生時期は様々なスポーツをやることで体の動かし方をどんどん習得できる時期でもあります。

いわゆる運動神経がぐっと高められる時期なので、小学生時期に野球以外のスポーツで運動神経を高めておけば、嫌々で野球を続けているよりも中学生での野球に活きてきます。


仲間を思いやれる人になるための機会にする


息子さんが今のチームで頑張りたいと言ったときは、これまで以上の笑顔で応援してあげてください。

監督が怒鳴って雰囲気が悪いチームの中でも、仲間を思いやってチームを盛り上げることができる子どもに育ててあげてください。

それができるのは、いつも近くにいて笑顔で応援しているお母さん以外にはいないんです。息子さんの気持ちが沈んだときは、励ましていっしょに考えてあげてください。

いづれにしても息子さんの気持ちを聞いて、意思を尊重しながら視野を広げて今後の活動方針を検討してみてください。


まとめ


love-826936_1920


「笑顔で応援することしかできません」と仰いますが、お母さんが笑顔で応援してくれていることが何よりも心強くて、今の息子さんの心の支えになっているのではないでしょうか。

お母さんが朝早く起きてお弁当を作ってくれたこと。泥だらけのユニフォームやソックスをきれいに洗ってくれたこと。大きな声を出して笑顔で応援をしてくれたこと。

今はまだ気づかないかもしれませんが、お母さんのサポートと息子さんへの思いの全てが息子さんの心の支えになって、きっと10年後も20年後の息子さんは感謝の気持ちに溢れていると思います。

お悩みがあるときはいつでもご相談ください。同じ子を持つ親として、私もといっしょに考えていきます。


お母さんからのお返事を頂戴しました


ご丁寧な返信をありがとうございました。初心者の私にも理解できる内容でした。相談して良かったです。頂いたお言葉で、救われたような気持になりました。

監督や保護者には言えないことを相談できる場があることに感謝いたします。母にできることを、これからもしていこうと思います。


ご質問やお悩みを随時受け付けています


お父さんのための野球教室では、野球に関するご質問やお悩みのご相談などを随時受け付けています。

どんな些細なことでも構いません。誰かに話せば楽になることもあります。ブログ上部メニューのお問い合わせからお気軽にメッセージをお送りください。皆様からのメッセージをお待ちしています。