child-2539655_1920
お父さんのための野球教室の桜井です。

野球のルールで意外と知られていないインフィールドフライ。「まだ野手が捕球していないのになぜアウトになるの?」と思ったことはありませんか?

今回はそんな不思議なルール、インフィールドフライについてお伝えします。

ただ監督から言われたとおりにプレイするのではなく、なぜそのプレイが必要なのかを理解すれば、プレイの質もぐっと高まります。

ぜひこの機会にインフィールドフライを熟知して、質の高いプレイヤーになって欲しいと思います。


インフィールドフライの意味


インフィールドフライとは、打者が打った内野フライを野手がノーバウンドで捕球できると審判が判断した際に、打者に対してアウトを宣告できるルール

「えっ、野手がフライを落とすかもしれないじゃん?」と思うかもしれませんが、その通りです。

野手が落とすかもしれないから、打者をアウトにするのです。その理由は、攻撃側を守るため。

攻撃側を守るために打者をアウトにする意味がわからない、と思った方は少し落ち着いてください。

すべての内野フライで打者をアウトにするわけではありません。インフィールドフライが宣告されるのは以下の場面だけです。

・アウトカウント:0アウト、または1アウト
・ランナーが一塁二塁にいる場合、または満塁の場面


もし、その条件のときに、守備側が内野フライをわざと落とせばどうなるでしょう?守備側がいっきに2つのアウトを取ることができる可能性が高くなります。

例えば、0アウト1塁2塁の場面で、打者がセカンドフライを打ったとします。

セカンドがフライをわざと落とせば、二塁に送球して、一塁ランナーがアウト。慌てて三塁に向かった二塁ランナーもアウトにできます。

このように、攻撃側が不利にならないよう、普通に守備をすれば捕球できる内野フライのとき、審判が打者をアウトにするのが、インフィールドフライなんです。


ライナーの打球はインフィールドフライにならない


攻撃側が不利にならないようにするためでも、ライナーの強い当たりでアウトにされると攻撃側は「今の打球は、守備側は捕球できないでしょ」と文句を言うケースも出てきます。

そもそも、ライナーとフライの境界線がないので審判も判断しにくいことがよくあります。

なので、ライナー性の打球はインフィールドフライは宣告されません

そうすると、「ライナーの打球をわざと落としてアウト2つをゲットしよう」という考えが守備側に出てきます。

守備の真正面に飛んできたライナーは、フライを落とすよりも、打球が速いので、ダブルプレイを狙いやすくなります。

それじゃ困るということで、定められているのが「故意落球」というルールです。

インフィールドフライは事前に打者をアウトにするルールですが、故意落球は事後で打者をアウトにするルールです。

「捕れるのにわざと落とした」と審判が判断すれば、打者をアウトにしたうえで、プレイを一旦止めて、ランナーをそれぞれ元の塁に戻します。

故意落球はこんなプレイです↓




これで攻撃側の不利が解消されると思いますよね?


baseball-1534338_1920


しかし、故意落球のルールは守備側にとって抜け道があります。その抜け道を使うと、ダブルプレイにできる確率がぐっと高くなります。

抜け道とは、ワンバウンドで捕球すること。

例えば、0アウトでランナーが1塁2塁の場面。打者がセカンドにライナーを打ったとします。

このとき、ノーバウンドで捕ると見せかけて、地面に1度バウンドさせたボールを捕ればどうでしょう?

セカンドは、落球をしていないので故意落球にはならないんです。

ワンバウンドのボールを捕球したセカンドは、二塁に送球すれば一塁ランナーはアウト。二塁から一塁へ送球すれば打者ランナーをアウトにできてダブルプレイです。

ライナーと同じようにバントの打球もインフィールドフライは宣告されません

よく投手がバントでフライになった打球を「オーライ、オーライ」と言いながら、ワンバウンドで捕球して、二塁に送球するシーンがあります。

故意落球のルールに触れず、ダブルプレイを狙っていっているんですね。でも決してズルいプレイではないんですよ。

ルールを熟知した頭脳プレイです。このような場面を見たら、ルールを熟知して落ち着いてプレイしているなと守備側を褒めてあげてください。


インフィールドフライでもインプレイ!試合続行中です


インフィールドフライが宣告された後もプレイは続いています。なので、ランナーが守備側のスキをついて進塁することも可能です。

その際、走者はフライを捕球されたときと同じように、もう一度ベースに触れてから(リタッチしてから)進塁をしなければいけません。

もし、ランナーが自分のいるベースを踏まずに進塁した場合、守備側が気づけばアピールプレイでアウトになる可能性があります(アピールプレイについて詳しくはこちら)。

インフィールドフライが宣告されたときは、集中が途切れてしまいがちですが、試合続行中ということを守備側も攻撃側も忘れてはいけませんね。


インフィールドフライを内野手が落とした場合、その後どうなる?


インフィールドフライを宣告された後、守備側が落球することがたまにあります。その場合もインフィールドフライが取り消されることはありません。

また、打者はすでにアウトになっているので、守備にエラーは記録されません

しかし、インプレイで試合続行中です。野手がグローブからはじいたボールが点々と遠くに転がっていけば、ランナーはもちろん次の塁へ進塁できます。

ランナーの進塁が成功した場合、野手にエラーが記録されます

ですので、守備もランナーもインフィールドフライだからといって、ボールから目を離したり、集中を欠いたりすると思わぬ事態を招くので注意が必要なんです。


インフィールドフライ宣告後、ファールゾーンにボールに落ちたら?


審判がインフィールドフライを宣告しても、打球が風に流されて、守備側の選手に触れずに、直接ファールゾーンに落ちることもあります。

その場合、インフィールドフライは取り消され、ファールになります。

逆に、一塁線または三塁線の上空にフライが上がったときに、フェアーゾーンにフライが落ちるのか、ファールになるのか判断がつかないケースもあります。

その場合は、インフィールドフライ・イフ・フェアと審判が宣告する場合があります。

インフィールドフライ・イフ・フェアとは、「フェアーゾーンに落ちたらインフィールドフライにして打者はアウト!でも、ファールゾーンに落ちたらファールにするね」という審判の判断です。

もし、「インフィールドフライ・イフ・フェア」が宣告されなかったら、こんなことが起きてしまいます↓




インフィールドフライにするかどうかは、すべて審判が決める!


インフィールドフライにするか、インフィールドフライ・イフ・フェアにするか、もしくは何も宣告しないかは、すべて審判が決めます

インフィールドフライになるフライの基準はないんです。

なので、インフィールドフライになる場面で内野フライが上がったとき、守備側・攻撃側どちらの選手も自分でインフィールドフライと決めてプレイをしてはいけません。

ランナーは自分のいる塁の近くで、フェアーゾーンにボールが落ちたら進塁する準備をしておきます。

打者は1塁ベースまで全力疾走です。ただし1塁ランナーがいるので、追い越さないように気をつけなければいけません。

守備側は基本的には捕球をする。捕球できなかった場合は、選手も動揺しているので、周りの選手がどこへ送球するか指示が必要ですね。

いづれにしてもインフィールドフライを宣告するかどうかはすべて審判が判断するので、すべての選手は最善のプレイができるよう準備をしておく必要があります。


まとめ


baseball-1539730_1920


インフィールドフライのルールについてお伝えしてきましたが、1度理解すれば、それほどむずかしいルールではありません。

少年野球でよくあるのは、インフィールドフライ後にランナーがタッチアウトされるケース。

・ランナーがインフィールドフライでプレイ中断と勘ちがい
・ランナーがボールから目を離す
・ランナーがベースから離れる
・ボールを持った守備の選手にタッチをされてアウト!

インフィールドフライのルールを知っておけば、無駄にアウトになることもありません

ぜひオフシーズンの時間を活用して野球のルールを覚え、プレイの精度を高めてみてください。