wadasan
お父さんのための野球教室の桜井です。


この記事では、どうすれば強い打球を飛ばせるバッティングフォームが手に入るのか?そのアプローチのひとつをお伝えします。

前回のブログで、昨年の夏に元中日ドラゴンズの和田一浩さんと対談したエピソードをお伝えしましたが…

和田さんといえば、なんと言っても「フルスイング」のバッティングが印象的ですよね。和田さんはそのパワフルなフルスイングで…

  • 2,000本安打達成(史上45人目)

  • 本塁打319本(歴代39位)

  • 生涯打率 .303(歴代19位)

  • 二塁打375 達成(歴代24位)


などなど、数々の記録を残しましたが…

驚くのは、あれだけ“強いスイング”をしているにも関わらず、「三振の数がとても少ない」ということ

普通、フルスイングすれば飛距離は伸びますが、バットにボールが当たる確率が下がります。

ところが、和田さんは違う。7,731打席で938三振。8.24打席で三振1回という確率。

ヤクルトの山田哲人選手は6打席に1回、ソフトバンクの柳田選手が5打席で1回の確率で三振をしていることを考えると、和田さんの三振がすごく少ないことがわかりますよね。

では、なぜフルスイングでも三振が少なくヒットを量産できるのか?実は、そのバッティングフォームを作るプロセスにひとつ秘密があるのです。

バッティング動作を大まかに分けると、


  1. 構え

  2. テイクバック

  3. スイング始動

  4. ミート

  5. フォロースルー

の5つに分かれますが、

一般的にバッティングフォームを作るとき、「構える位置はここで」とか「テイクバックはこうやって手を動かして」とか、1つずつ順に動作を確認しながら練習していく選手がほとんどです。

でも、これではすぐに打てるバッティングフォームは見つかりません。

桜井さんは、学生時代に美術の授業で、彫刻刀を使って木彫りの作品をつくった経験は無いですか?

その工程は、仕上がりをイメージしながら、粗く彫ってから、細かい部分を仕上げますよね。

その理由は、最初から細かい部分を仕上げていくと、全体のバランスが悪くなってしまうからです。

実は、バッティングも木彫りの作品を作るのと同じ。構え方、テイクバック…というように細かい所から作り込んでいくと、スイングしたとき、ちぐはぐな動きになってしまいやすいのです。

もちろん上手くいく選手もいますが、大抵はどこかで「ひずみ」が出てしまって…

  • バットにボールが当たらない、

  • タイミングが取りにくい、

  • ボールが飛ばない、


ということが起きるわけです。

だから、和田さんはフルスイングという「仕上がり」をイメージして、まず「思い切り強く振る」ことだけを考える。

そして次に、タイミングやバットコントロールを狂わす動作をそぎ落として仕上げていく

すると、フルスイングでもバットにボールが当たる確率の高いバッティングフォームが最短距離で見つかる、というわけです。

「和田さんはパワーがあるからパワフルなフルスイングができるんだ」という人がいます。

もちろん、和田さんの体は強い。でも、実は不必要なものをそぎ落すプロセスで作ったからこそ、鋭くパワフルでなスイング、さらに繊細なバットコントロールでフルスイングできて、強い打球を高確率で飛ばすことができるというわけです。

もし、バッティングフォームを改善しても当たらない、飛ばない、打てないと感じるなら、バッティング動作を1つ1つ作り込むのではなく、強く振って(荒く彫って)、細かい部分を仕上げるというアプローチを試してみてください。

和田さんがご自身のお子さんにも教えているバッティングのノウハウを学べる記事へのリンクも貼っておきますね。ぜひあなたのバッティング指導にご活用ください!

https://www.mlritz.com/mredirect.php?p1=113&p2=8824&p3=0&p4=23791